動画を閉じる

帝京大学 医療技術学部 スポーツ医療学科 島﨑 直樹 准教授

スポーツにおける誤審とハイテク判定

スポーツにおける誤審とハイテク判定

帝京大学 
医療技術学部 スポーツ医療学科

島﨑 直樹 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!スポーツにおける誤審とハイテク判定

現在のスポーツでは、誤審という現象が確認されるようになり、審判をサポートするハイテク判定を導入する競技が存在します。将来的なスポーツの場面で、審判の立場はどのようになっていくのか、審判員の尊重という価値観は継承されるのかを探ります。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

大学で、体育原理やスポーツ倫理学、スポーツ情報論、バスケットボールなどの授業を担当しています。現代スポーツはオリンピックや世界選手権大会を筆頭に「勝利至上主義」で試合が行われています。ドーピングや試合中の意図的なルール違反なども頻繁に耳にします。
スポーツという文化は紀元前の時代から存在するものですが、その歴史ある文化が刻々と変化しています。純粋なスポーツを守っていくために、スポーツを考え、スポーツを適切な文化にしていく使命があると考えます。あなたも大学で、より深くスポーツを勉強してみませんか。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

帝京大学

帝京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようスポーツの「誤審」を防ぐ最新技術と、「審判」の役割

審判が常に完璧とは限らない 人と人とが競い合うスポーツの世界では、中立的な立場で競技に関わる人、「審判」の存在が不可欠です。ただし、審判も人間である以上、どんな場合でも常に100%正しい判定を下せるとは限りません。過去のスポーツの歴史を振り返ってみても、オリンピックやサッカーのW杯などの大きな大会においてさえ、「あの判定は誤審だったのではないか」と大きな話題となった例は数多くあります。 最新のテクノロジーによる判定補助システム 最近では、審判の下す判定をサポートする目的で、コンピュータによる判定補助システムが導入される競技も増えてきました。テニスなどの試合で、複数のカメラによって撮影された映像をコンピュータで瞬時に処理し、ボールのイン・アウトを判定する「ホークアイ・システム」や、サッカーの試合で、マイクロチップを内蔵したボールがゴールラインを完全に超えた時に審判の腕時計にシグナルを送るシステムなどが代表的です。
こうした最新の判定補助システムの導入によって、試合中の判定が改善された側面は確かにあります。しかし、従来の審判の役割すべてをコンピュータに委ねることは、現状では難しいでしょう。例えば、バスケットボールの試合で体と体が接触した時、接触があったかどうかだけではファウルと判定しきれないケースは数多くあります。またフィギュアスケートの採点審査なども、コンピュータに置き換えることは難しいと考えられています。
客観性と主観性を組み合わせる取り組み 試合において、人間だとミスを起こしやすい状況の判定で、客観性を補えるコンピュータのサポートが有効な場面は数多くあります。その一方で、人間の審判が主観的な視点で判定を下した方が、試合がより自然で円滑に進められる場合も少なくありません。テクノロジーによる客観性と、人間の審判による主観性をうまく組み合わせて、スポーツの面白さと楽しさを追求していくことが、これからのスポーツには求められているのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

大学で、体育原理やスポーツ倫理学、スポーツ情報論、バスケットボールなどの授業を担当しています。現代スポーツはオリンピックや世界選手権大会を筆頭に「勝利至上主義」で試合が行われています。ドーピングや試合中の意図的なルール違反なども頻繁に耳にします。
スポーツという文化は紀元前の時代から存在するものですが、その歴史ある文化が刻々と変化しています。純粋なスポーツを守っていくために、スポーツを考え、スポーツを適切な文化にしていく使命があると考えます。あなたも大学で、より深くスポーツを勉強してみませんか。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

帝京大学

帝京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

帝京大学
医療技術学部 スポーツ医療学科 准教授
島﨑 直樹 先生