動画を閉じる

帝京大学 文学部 心理学科 大江 朋子 准教授

対人相互作用での目には見えない心の動き

対人相互作用での目には見えない心の動き

帝京大学 
文学部 心理学科

大江 朋子 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!ステレオタイプが凶器になるとき

他者とのやり取りのなかで、私たちはさまざまな手がかりから、他者がどのような人かを頻繁に推測しています。その推測はしばしば意識されずに自動的になされ、瞬時の判断を迫られた状況で役立つこともあれば、差別や殺人につながる凶器となることもあります。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

戦争、暴力、差別、平和、支援、思いやり。人を好きになったり、嫌いになったり。世の中でも、自分の身の回りでも、社会ではいろいろなことが起こっています。
身近なところで起こっていることも、遠くで起こっていることも、すべて人間の心、人間どうしの相互作用で決まってきます。心理学では、そういったところに関わる「目には見えないメカニズム」を探って、人間を理解していきます。ぜひ心理学を学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

帝京大学

帝京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう人の行動を左右する「偏見」はなぜ生まれるのだろう?

「社会的認知」の研究で得られるヒント 社会心理学の分野などで研究されている「社会的認知」とは、人間が社会から受け取った情報を頭の中でどのように処理しているか、その情報処理プロセスのことを指します。社会的認知について研究すると、社会の中で生じている問題がどのようにして引き起こされたのか、そのメカニズムを解明するヒントになる場合があります。 銃社会の悲劇から考える「偏見」のメカニズム アメリカでは以前から、白人警官が一般市民の黒人を、武器を持つ犯罪者だと誤認して射殺する事件が後を絶ちません。1999年2月に、23歳のギニア人移民、アマドゥ・ディアロさんが、武器を所持していなかったにもかかわらず、4人の白人警官から41発も発砲され、19発の弾丸を受けて死亡した事件は、その象徴的な事例でした。発砲した警官たちは起訴されましたが、裁判では全員が無罪になったことで、各地で大規模な抗議デモが発生しました。
こうした誤射による事件が何度も起こる背景には、白人警官の側に、黒人と武器とを結びつける「偏見」のはたらきがあります。例えば、黒人が服のポケットに手を入れようとしたら、銃を取り出そうとしていると勘違いしてしまうのです。この偏見により、とっさの状況に置かれた時に、人間は自動的に反応してしまうことが実験でわかっています。ただ、その人が偏見を持っていること自体に気づいていない場合も少なくありません。また、偏見を持たないようにしようと意識すればするほど、この自動的なプロセスが作動してしまいやすいこともわかっています。
偏見をコントロールするトレーニング 偏見を持たないようにすることは難しいことですが、ある程度長期的なプロセスでトレーニングを積むと、自身をコントロールできるようになることも研究で明らかになっています。偏見がなぜ行動を引き起こすのかを理解した上で、社会の中でさまざまな事例に接したり、周囲の人々と友好的な関係を築こうとしたりすることも、偏見をコントロールするためのトレーニングになるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

戦争、暴力、差別、平和、支援、思いやり。人を好きになったり、嫌いになったり。世の中でも、自分の身の回りでも、社会ではいろいろなことが起こっています。
身近なところで起こっていることも、遠くで起こっていることも、すべて人間の心、人間どうしの相互作用で決まってきます。心理学では、そういったところに関わる「目には見えないメカニズム」を探って、人間を理解していきます。ぜひ心理学を学んでください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

帝京大学

帝京大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

帝京大学
文学部 心理学科 准教授
大江 朋子 先生