動画を閉じる

宮崎公立大学 人文学部 国際文化学科 山口 裕司 教授

政治学と俳句の二足ワラジで

政治学と俳句の二足ワラジで

宮崎公立大学 
人文学部 国際文化学科

山口 裕司 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!なぜ日本の女性政治家は少ないのだろうか?

193カ国の国会の女性議員比率のデータで、日本は9.5%で157位、先進国で最下位です。1位はアフリカのルワンダで63.8%です。なぜ日本は女性政治家が少ないのでしょう。女性政治家の増えるメリット、増やす方法などを、一緒に考えてみましょう。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は二つの観点から政治学にアプローチしています。一つは、環境問題を解決するための政治学の取り組みです。緑の党のあるドイツはその成功例ですが、日本ではなぜ環境政党が育たないのかを考えています。もう一つはジェンダー的な視点での政治学へのアプローチです。日本に女性の政治家がいかに少ないかということから、もっと女性政治家が増えたら日本の政治がよくなるのではないかと考えています。あなたがもし、政治家になって日本をよりよくしたいと考えているなら、ぜひ私のゼミに来てください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

宮崎公立大学

宮崎公立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう女性議員が少ない日本 ~ジェンダー的視点で見た政治学~

日本の女性議員の割合は、世界で119位 日本の政治家の中での女性議員(衆議院)の割合は11.3%で、世界のランキングで見ると119位(2010年)とかなり順位の低い位置にいます。もちろんこれには、日本が男性主導型社会であるという背景があります。政治の世界だけでなく、自治体や企業、地域社会のさまざまな組織においても、重要な地位を男性に任せるのが当然のように考えられています。そこで国は1999年に男女共同参画社会基本法を作り、2020年までにあらゆる分野において女性管理職の割合を30%以上にするという目標を掲げました。しかし、目標と現状にはかなりの開きがあります。 スウェーデンでは、立候補者の一定割合を女性に そもそも、なぜ女性の社会的進出が遅れているのかを考えてみると、その起源は産業革命にあります。産業革命以降、男女間の性別役割分業、つまり男は外で働き女は家庭を守るという状況が広がっていきました。日本では、戦後の高度経済成長期からそういう状況になっています。そこで先進国、特に北欧諸国では男女格差を是正することに力を入れてきました。例えば、スウェーデンでは「クオータ制」といって、各政党が立候補者の一定割合を女性に割り当てて、男女の数に偏りがないようにしています。 日本ではあらゆる面でジェンダー的視点が必要 日本でも立候補者に女性枠を設ける試みがなかったわけではありません。しかし、首相個人の意向で決まったもので制度化はされていないのです。女性議員の数を増やすためには、もっと政治家や政党が女性の重要ポストへの登用に積極的になり、女性が活躍できる機会を増やす必要があるでしょう。そのためには、女性が子どもを産んでも働きやすいような育児制度の充実を図ることや、学校や家庭で男性中心の考え方を是正するような教育政策も大切になります。また、政治学者もジェンダー(社会的・文化的性差)的な視点を研究の中に取り入れ、女性が社会の中心にいることのメリットに目を向けることも必要でしょう。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私は二つの観点から政治学にアプローチしています。一つは、環境問題を解決するための政治学の取り組みです。緑の党のあるドイツはその成功例ですが、日本ではなぜ環境政党が育たないのかを考えています。もう一つはジェンダー的な視点での政治学へのアプローチです。日本に女性の政治家がいかに少ないかということから、もっと女性政治家が増えたら日本の政治がよくなるのではないかと考えています。あなたがもし、政治家になって日本をよりよくしたいと考えているなら、ぜひ私のゼミに来てください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

宮崎公立大学

宮崎公立大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

山口 裕司 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
原発立地問題をめぐる意思決定過程 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

宮崎公立大学
人文学部 国際文化学科 教授
山口 裕司 先生