動画を閉じる

宮城大学 事業構想学群 事業プランニング学類 高力 美由紀 教授

価値創造のためのマーケティングとは

価値創造のためのマーケティングとは

宮城大学 
事業構想学群 事業プランニング学類

高力 美由紀 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!新しい価値創造のためのマーケティング

マーケティングの役割は、価値を創造し顧客に届けることと考えられています。では、価値を創造するためには、どのような視点や発想が必要なのか、ビジネスや社会でのさまざまな取り組みにどう実現させていくのか、マーケティングのエッセンスをお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校時代は、さまざまなことに広く興味を持って、多くの人と出会い、いろいろな本を読んでほしいと思います。若いうちから「自分はこうだ」と決めつけてしまうと、可能性を自ら狭め、新しいことを吸収することができなくなります。
マーケティングには正解がないとよく言われます。机上の論理ではなく、「やってみなければわからない」という一面があるのです。消費者のニーズをとらえるとともに、伝えるべき自らの理念を明確に持つことも重要になります。一緒にビジネスに有用な、実践的な取り組みを進めていきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

宮城大学

宮城大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようマーケティングとは~新しい価値を人々に届けるために~

ビジネスの目標は、ビジネスを維持継続させること そもそも、ビジネスの目標は何でしょうか。売り上げを上げるため? 利益を得るため? もちろん、そうです。しかし、売り上げや利益を上げるのはビジネスの「成果」であり、その「事業」の維持継続こそが目標です。商品やサービスを購入してもらうお客様を創りだし、ずっとその商品やサービスを購入してもらうこと、すなわち、顧客の「創造と維持」が大切です。 マーケティングの役割は価値を創造すること お客様にその商品やサービスを購入してもらい続けるためには、「満足」してもらわなければなりません。では、なぜ人々は「満足」するのか。そこには彼ら・彼女らの求める「価値」があるからです。
「価値創造」が、人々にその商品やサービスに満足してもらい、それをずっと使い続けてもらうために必要なビジネスでの取り組みになるのです。すなわち、「マーケティング」の役割は顧客満足を創り出すための価値を創造していくことにあります。
価値創造のためには多様な視点を持つことが必要 価値創造と一口に言っても、人によって、あるいは場所や状況によって、人々が「価値」と考えるものごとは全く異なります。自動販売機の前に立って、「飲み物が欲しい」と思う人々も多様な「価値」を求めています。とにかく喉の渇きを抑えたい人、甘いものを飲んでリラックスしたい人、新しい味を試してみたい人、その人によって「価値」は全く異なります。つまり、人々のニーズによって同じ「飲み物」でも全く異なる商品の提供が必要となるのです。さらに、「緑茶にしよう」と考えた人も目の前に多くの種類の「緑茶」が並んでいれば、選ばなければなりません。最後に選ばれた商品やサービスこそが、その人にとって最も価値のあるものであり、ほかとは違う「差異」を持っていることになるのです。
つまり、マーケティングとは、誰に、どのような価値のある商品やサービスを、どのように提供するか、価値を創造するというのはどのようなことなのかを考えていくことなのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校時代は、さまざまなことに広く興味を持って、多くの人と出会い、いろいろな本を読んでほしいと思います。若いうちから「自分はこうだ」と決めつけてしまうと、可能性を自ら狭め、新しいことを吸収することができなくなります。
マーケティングには正解がないとよく言われます。机上の論理ではなく、「やってみなければわからない」という一面があるのです。消費者のニーズをとらえるとともに、伝えるべき自らの理念を明確に持つことも重要になります。一緒にビジネスに有用な、実践的な取り組みを進めていきましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

宮城大学

宮城大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

宮城大学
事業構想学群 事業プランニング学類 教授
高力 美由紀 先生