動画を閉じる

茨城大学 農学部 生物生産科学科 佐藤 達雄 教授

熱いシャワーで植物も目を覚ます!

熱いシャワーで植物も目を覚ます!

茨城大学 
農学部 生物生産科学科

佐藤 達雄 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!熱いシャワーで、イチゴの免疫強化!

植物にも免疫システムがあり、これを活性化させれば病気にかかりにくくすることができます。イチゴに定期的に50℃のお湯をかけて、熱ショックを与えることで免疫活性を高めることができます。「ホットストロベリープロジェクト」の概要をお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室ではイチゴにお湯をかけて免疫力を高める方法を研究しています。これによって農薬の量を減らすことができることが実証されており、学生たちと相談してこの研究を「ホットストロベリープロジェクト」と名付けました。日本のイチゴ栽培技術は世界に誇ることができます。私の研究室では、毎年数名の留学生が学んでいますので、打ち合わせのほとんどを英語で行っています。あなたには理数系の勉強のほかに、英語にも力を入れて、私の研究室に研究しに来てほしいと思います。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

茨城大学

茨城大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようイチゴにお湯をかけ免疫力を高める「ホットストロベリープロジェクト」

農薬を使い続けると病原菌に耐性ができる 農作物はさまざまな病気にかかります。例えばイチゴでは、葉や実が白い粉がかかったようになるうどんこ病、葉や実が黒くなって枯れる炭そ病、花や実が腐ってカビが生える灰色かび病などが代表的な病気です。これらの病気にかかると生産量も商品価値も下がってしまいます。それを防ぐために農薬を使用しますが、農薬を使い続けると、病原菌に耐性ができて農薬が効かなくなります。農薬が効くように農薬の量を増やすとコストも労力もかかり、周辺の生態系にも悪影響を及ぼします。 ストレス環境に置くことで免疫力を高める そこで、栽培中の農作物の免疫力を高め病気にかかりにくくすることで、農薬の量を減らす研究が始まっています。
植物は生育に適さない環境(ストレス環境)に遭遇すると、免疫が活性化して、自らさらに強い植物になろうとします。ストレス環境として、高温、低温、振動、傷などがあります。そこで、毎日農作物をほうきでなでたり、強い風を当て続けたり、お湯をかけたりする方法で、ストレスを与える研究が行われています。しかし、ストレスが免疫活性化につながるメカニズムの全体像はまだ解明されていません。
お湯をかけ、イチゴの葉を軽い火傷状態にする イチゴ栽培では高温ストレスが免疫活性化に大きな成果をあげています。この方法は専門用語で「熱ショックによる病害抵抗性誘導技術」と言います。これはイチゴに60度前後のお湯を直接かけて葉の温度を20秒間50度にするものです。葉は軽い火傷を負った状態になり、その熱ショックが免疫活性を高めているのです。熱ショックを与えるには、ビニールハウスを締め切って室温を高める方法もありますが、天候や季節に左右されやすく、シャワーの方が手軽で安定的に実施できます。このシャワーをイチゴに週1回かけることで、農薬の量を3分の1に減らすことができました。このように実証栽培で成功したので、今後は「湯温散布装置」の低コスト化や、農家への普及方法が課題となります。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室ではイチゴにお湯をかけて免疫力を高める方法を研究しています。これによって農薬の量を減らすことができることが実証されており、学生たちと相談してこの研究を「ホットストロベリープロジェクト」と名付けました。日本のイチゴ栽培技術は世界に誇ることができます。私の研究室では、毎年数名の留学生が学んでいますので、打ち合わせのほとんどを英語で行っています。あなたには理数系の勉強のほかに、英語にも力を入れて、私の研究室に研究しに来てほしいと思います。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

茨城大学

茨城大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

茨城大学
農学部 生物生産科学科 教授
佐藤 達雄 先生