動画を閉じる

愛知教育大学 教育学部 生活科教育講座 加納 誠司 准教授

学校で起きていることを学び学校に還す

学校で起きていることを学び学校に還す

愛知教育大学 
教育学部 生活科教育講座

加納 誠司 准教授

30分のミニ講義を聴講しよう!教師に必要な資質って何? それは愛です!

教育という仕事の魅力や可能性について、実際の授業の場面や子どもの姿を示して解説します。その上で質の高い授業や学級づくりを形成する教師の見えない資質やセンスとは何なのかを問います。行き着いた答えは、教師が子ども一人ひとりに寄せる「愛」でした。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校から大学にかけては、自分の枠を広げて、進路を選ぶ大事な時期です。そのために興味や関心を持ったことを学び、さまざまな経験を積むことが大切です。
教員の魅力は、子どもの成長に関われることだと思います。子どもが主役の人生で、脇役になれる素晴らしい仕事です。教員になるには子どもが好きなことも大切な資質ですが、さらに専門的知識や実践力を身につけなければなりません。それらを学ぶことのできる最適な大学が愛知教育大学だと思います。ぜひ本学で学んで、素晴らしい先生になってください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう多彩な学力を育み、自立をうながす、すごい教科って?

教科書のない「生活科」 平成4年から導入された、小学校1・2年生の「生活科」は、理科・社会の分野にこだわらず、子どもの興味や関心に合わせて、自主的に学び、体験させ、考える力を育むことが大切だとされています。ほかの教科のように教科書や、これを学ばなければならないという規則がなく、教員のアイデアと工夫が試される授業といえます。ですから、教員は子どもをしっかり見つめ、「子どもが今、何を考え、何に興味を持っているか」「今日の授業は次回にどうつながっていくのか」などを考えなければならないのです。 大根を育てて、パーティーや販売を体験 子どもの関心に合わせることで、生活科の学びはどんどん発展していきます。例えば、ある学級で大根を育てたら、その大根を使って「おでんパーティー」を開くアイデアが生まれました。すると大根だけでは物足りないので、大根を売って具材を買おうという話になり、大根を売るためのチラシを自分たちでつくり、「私たちが、がんばって育てたんだ」と、自分自身の成長に気づくきっかけになったのです。それは自立への一歩です。
さらに内容によっては、自分の思いを言葉にして発表したり、歌やダンスで表現したりすることもあるでしょう。生活科は、国語・算数・音楽・体育・図工・家庭科など、あらゆる教科と結びついているのです。
生活科の学びで、学力がアップする! いろいろな学力を必要とする生活科を学ぶことで、学力面での効果もあるのではないかと言われています。一時、日本では高校生の学力低下が心配されていましたが、最近の調査によるとV字回復を果たしています。調べてみると、学力がアップしたのは、小学生の時に生活科と総合的学習を学んだ生徒たちだったのです。
子どもが自分のやりたいことを実現し、自分の良いところを発見する生活科は、教育の礎になる教科です。教員には、学びの主体者である子どもに寄りそって、子どもの目線で授業をつくり上げていくことが求められています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校から大学にかけては、自分の枠を広げて、進路を選ぶ大事な時期です。そのために興味や関心を持ったことを学び、さまざまな経験を積むことが大切です。
教員の魅力は、子どもの成長に関われることだと思います。子どもが主役の人生で、脇役になれる素晴らしい仕事です。教員になるには子どもが好きなことも大切な資質ですが、さらに専門的知識や実践力を身につけなければなりません。それらを学ぶことのできる最適な大学が愛知教育大学だと思います。ぜひ本学で学んで、素晴らしい先生になってください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

愛知教育大学

愛知教育大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

一覧へ戻る

愛知教育大学
教育学部 生活科教育講座 准教授
加納 誠司 先生