動画を閉じる

横浜薬科大学 薬学部 漢方薬学科 石毛 敦 教授

これからの薬剤師

これからの薬剤師

横浜薬科大学 
薬学部 漢方薬学科

石毛 敦 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!薬剤師という職業は今後も有望でしょうか?

薬剤師という職業が大きく変わろうとしています。今後の薬剤師はどんなスキルを身につければいいのか? 漢方スキルは今後必要なのか? 薬剤師という仕事には興味はあるけど、今後どうなるのかがわからないのが不安。そんな生徒に聞いていただきたいと思います。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校の授業とは何のために必要なんだろうかと疑問に思っている人も多いと思いますが、思考能力がきちんと備わっていない人には医療に従事するのは難しい、と私は思います。今あなたが学んでいる数学にしても、音楽にしても、美術にしても、自分の感性を育て、それによって、自分で考える能力を養っているのです。今学んでいることはすべて大事だということを自覚しながら高校の授業を受けてください。感性豊かな、あるいは自信を持った優しい人を、横浜薬科大学は求めています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

横浜薬科大学

横浜薬科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようインフルエンザを治す漢方薬のメカニズム

漢方薬を科学的に研究する 漢方薬は、病気の予防や健康促進などに関しては、しばしば西洋医学よりも高い治療効果を上げることが知られています。その多くは、何百年という長い時間をかけた経験の積み重ねによって、用法が確立してできたものですが、近年では、より科学的な研究が進み、漢方薬が人体にどう作用するのかというメカニズムが解明されるようになってきました。 インフルエンザを治す「補中益気湯」 例えば、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」という漢方薬には、インフルエンザを治す作用があることがわかってきました。インフルエンザは、ウイルスが体内に入って、次々に細胞に感染していくことで症状を引き起こします。ウイルスの侵入に対して、人体内では「インターフェロン」という物質を出すことによって、ほかの細胞への感染を抑えることができます。しかしインターフェロンは、ウイルスの侵入をきっかけに、細胞内でさまざまな遺伝子の発現を経て作られる物質なので、何日かたたないと作り出すことができません。その間に体内でウイルスが増殖すれば、細胞が死んでしまうこともあります。しかし、インフルエンザに感染する1週間くらい前に「補中益気湯」を飲んでおくと、細胞内に、インターフェロンの前段階である物質、IRF7を大量に作っておけるので、ウイルスに感染するとすぐにインターフェロンを作り出すことができます。つまり、「補中益気湯」は、「擬似感染」を起こす作用があるということが、わかってきたのです。 生体防御機能を高める漢方薬 「補中益気湯」には、直接インフルエンザウイルスに作用する能力があるわけではありません。「補中益気湯」はもともと、風邪や虚弱体質、倦怠感などに効くと言われている漢方薬です。それが近年の研究によって、免疫力の低下した人体の生体防御機能を高めてくれる作用があるという、具体的な効果を知ることができるようになり、今後の診療への応用が期待されています。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

高校の授業とは何のために必要なんだろうかと疑問に思っている人も多いと思いますが、思考能力がきちんと備わっていない人には医療に従事するのは難しい、と私は思います。今あなたが学んでいる数学にしても、音楽にしても、美術にしても、自分の感性を育て、それによって、自分で考える能力を養っているのです。今学んでいることはすべて大事だということを自覚しながら高校の授業を受けてください。感性豊かな、あるいは自信を持った優しい人を、横浜薬科大学は求めています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

横浜薬科大学

横浜薬科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

横浜薬科大学
薬学部 漢方薬学科 教授
石毛 敦 先生