動画を閉じる

東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 大内 誠 教授

Kinectとユニティちゃんが変える福祉

Kinectとユニティちゃんが変える福祉

東北福祉大学 
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科

大内 誠 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!Kinectとユニティちゃんが変える福祉

皆さんはテレビゲームやスマホゲームが好きですか。いったんゲームを始めるとなかなかやめられませんね。ゲームには大きな魅力があるからです。この講義ライブでは、ゲームを医療や福祉に応用する研究について紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室では「アシスティブテクノロジー」の研究を行っています。アシスティブテクノロジーとは、機器やコンピュータソフトを使って、障がい者、高齢者、病気の人々などを多方面にわたって支援するものです。あなたが将来、誰かの役に立ちたい、社会に貢献したい、達成感のある仕事がしたい、と考えているのなら、ぜひ当研究室にきてください。障がい者をサポートしたいという福祉の心を持つ、意欲のある学生を待っています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう最新テクノロジーを使って高齢者や障がい者の生活をサポート

障がい者や高齢者を最新テクノロジーでサポート 世の中には病気や事故、高齢などの理由で、目や耳が不自由、自由に体を動かすことができない、意思を伝達できないなど、さまざまな障がいのある人がいます。そうした人々のQOL(生活の質)を少しでも上げ、心身共に豊かな生活を送ることができるように、最新テクノロジーやソフトウェアを駆使してサポートするのが、「アシスティブテクノロジー」です。その研究は障がいに応じて多方面にわたって行われ、そこからサポートする機器が生まれています。 障がいに応じたソフトが実際に活用されている 例えば、視覚障がい者に対しては、コンピュータを使えるようになるためのタッチタイピング練習ソフトがあります。Sのキーを押そうとして誤ってAのキーを押すと、音声で「これはAです。Sは左です」と教えてくれ、練習するうちにキーの配列を覚えることができます。また、筋萎縮性側索硬化症の患者さんは症状が進むと目しか動かせませんが、コンピュータを利用して目の瞳孔の動きだけで意思を伝えることができるコンピュータソフトが作られています。将来は身体障がい者の生活をサポートするアシスティブロボットが開発されることも考えられるほか、多岐にわたる分野で研究が進むでしょう。 研究者に求められる他者を思いやる想像力 アシスティブテクノロジーの研究者に求められるのは、障がい者目線、高齢者目線に立ち、独りよがりにならず他者を思いやる想像力を持つことです。そして困っている人がいる現場に足を運び、「こういうことが不自由」「ソフトのこの点が役に立たない」などの声に真摯に耳を傾け、どうしたらそれらを解決できるのかを問いながら研究を進めることが必要です。つまり技術のシーズと当事者たちのニーズとのミスマッチを防ぐには、研究者の探究心と共に福祉の心を持つことが必要です。その結果、開発が成功すれば実際に役に立つことを目の当たりにでき、大きな達成感を得られる分野なのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

私の研究室では「アシスティブテクノロジー」の研究を行っています。アシスティブテクノロジーとは、機器やコンピュータソフトを使って、障がい者、高齢者、病気の人々などを多方面にわたって支援するものです。あなたが将来、誰かの役に立ちたい、社会に貢献したい、達成感のある仕事がしたい、と考えているのなら、ぜひ当研究室にきてください。障がい者をサポートしたいという福祉の心を持つ、意欲のある学生を待っています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

東北福祉大学

東北福祉大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

一覧へ戻る

東北福祉大学
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 教授
大内 誠 先生