動画を閉じる

千葉商科大学 人間社会学部 齊藤 紀子 講師

社会を変える ソーシャルビジネスの可能性

社会を変える ソーシャルビジネスの可能性

千葉商科大学 
人間社会学部

齊藤 紀子 講師

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!紙で象を救う! ソーシャルビジネスって何?

住みかと食べ物をもたらす森を人間に奪われた象。彼らを救ったのは、象と人が一緒につくる紙だった! そこには人々が仰天するようなユニークな発想とビジネスがありました。社会的課題の解決をめざす、いま注目の「ソーシャルビジネス」について解説します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

テレビや新聞などを見ていると、このままではいけないと感じることが身の回りにはたくさんあるでしょう。
「ソーシャルビジネス」を学ぶことで、あなたが感じる「こうしたらいいんじゃないか」「このままじゃいけない」と思うことを、社会に出て実際に仕事をする中で解決していける、そんな大人になってもらいたいと思っています。
そのために、さまざまな問題や、その解決事例などについて一緒に勉強していきましょう。あなたと出会えることを楽しみにしています。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

千葉商科大学

千葉商科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみよう社会を変えていく―「ソーシャルビジネス」がもつ可能性

ソーシャルビジネスとは何か 少子高齢化、貧困、環境問題、子育て、教育、介護、国際紛争など、社会的課題は山積し、多岐にわたります。これらの課題に政府やボランティアなどが取り組んでいますが、それでも解決しきれない課題もあります。そうした課題をビジネスの手法を用いて解決するのが「ソーシャルビジネス」です。
通常のビジネスとの大きな違いは、利益ではなく社会的課題の解決を目的とし、新しい社会的価値を生み出している点です。お金を儲けることは目的ではなく、あくまで社会的課題を解決するための手段にすぎません。ソーシャルビジネスには、社会性と事業性を両立させること、そのため今までにない商品や仕組みをつくる革新性が求められます。組織形態は、株式会社やNPOなどさまざまです。
続かなければ意味がない 途上国で水質浄化事業に取り組んでいる会社があります。納豆に含まれるネバネバ成分で浄化剤をつくり、バングラディシュなどで現地の人々を雇用して販売しています。この浄化剤を汚れた水に入れてかき混ぜ、不純物を沈殿させた後にろ過すると、安全な飲み水をつくることができるのです。この会社は、水質浄化を実現すると同時に、人々が安く入手できるような販売体制を築き、収益をあげ、途上国での雇用も生み出しました。水は毎日使うもの、無償提供には限界があります。どんなに良いことも、続けることができなくなってしまっては意味がありません。このように事業性を保ちながら、これまで気づかなかった革新性をもって、継続的に社会的課題を解決するのがソーシャルビジネスなのです。 学ぶことで出会い、出会いが新しい未来を開く 社会的課題を知るプロセスでは、ショッキングな事実にふれることもあります。しかし、一方でその問題に取り組む「お手本とすべき人」や「すごい人物」に出会える機会も多くあります。ソーシャルビジネスを学ぶ中で、多くの人と出会い、いろいろな話を聞きながら、自分の興味や考えをどんどんぶつけていくことが、新しい未来を描くきっかけになるかもしれません。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

テレビや新聞などを見ていると、このままではいけないと感じることが身の回りにはたくさんあるでしょう。
「ソーシャルビジネス」を学ぶことで、あなたが感じる「こうしたらいいんじゃないか」「このままじゃいけない」と思うことを、社会に出て実際に仕事をする中で解決していける、そんな大人になってもらいたいと思っています。
そのために、さまざまな問題や、その解決事例などについて一緒に勉強していきましょう。あなたと出会えることを楽しみにしています。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

千葉商科大学

千葉商科大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

千葉商科大学
人間社会学部 講師
齊藤 紀子 先生