動画を閉じる

上智大学 理工学部 機能創造理工学科 曄道 佳明 教授

先端鉄道技術のグローバル社会への貢献

先端鉄道技術のグローバル社会への貢献

上智大学 
理工学部 機能創造理工学科

曄道 佳明 教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!日本が誇る安心・安全な鉄道技術を世界へ

日本が誇る高速鉄道では、世界最高水準の安全性が確保されています。この講義ライブでは、力学の視点から安全性にアプローチする事例を紹介します。皆さんが学んでいる物理の延長上に、世界トップクラスの安全性の実現が存在していることを実感してください。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたに伝えたいことは、「自分自身で殻を作らない」ということです。
理工学部に進学をめざす人にとって、学ぶ学問分野は、機械工学、電気電子工学などいろいろな分野がありますが、そのすべてに興味を持てるような柔軟性を持って大学に進学してください。例えば私が研究している鉄道の分野でも、従来の機械工学がカバーしていた車両の運動の問題には、リニアモーターカーの出現で電磁気学も必要とされています。ですから、1つの分野だけでなく、多くの学問に興味を持って大学での勉強に備えてください。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

上智大学

上智大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようコンピュータシミュレーションで鉄道の安全を守る

大地震から新幹線を守るシミュレーション 大地震が起きた時、新幹線は、どういう動きをするのか? それを確認するために、実際に時速300kmで新幹線を走行させ、地震を起こす実験はできません。そこで重要になるのが、コンピュータを使った力学的なシミュレーションです。列車の走行スピードやレールの状態、加わる地震の力など、走行中の車両に働く力の種類や大きさを変えながらコンピュータ解析することで、大地震の際にどんなことが起こるかを探ることができます。もちろん、鉄道会社は、出されたシミュレーションの結果を鵜呑みにするのではなく、実験装置を用い、シミュレーションがどれくらい現実に近い状態を作り出せているのかを検証しながら、シミュレーションの精度を高めていきます。 メンテナンスが鉄道の安全性を担保してきた このように、コンピュータでの解析と実験での検証が鉄道の安全性を担保するわけですが、列車の動きの解析にコンピュータが導入されるようになったのは、比較的最近のことです。それ以前、レールの傷や車両の不具合などの問題が生じた時は、もちろん解析も行われましたが、すべての原因を究明できたわけではないため、鉄道会社では、メンテナンスにコストと労力をかけることで、安全性を確保してきました。しかし、コンピュータ解析で不具合の原因を究明し、予防策が打ち出せるようになれば、メンテナンスの費用負担を軽減することができます。そうなれば、コストを抑えながら安全性を確保することもできるのです。 鉄道で途上国のインフラ構築に貢献 日本の鉄道システムは、世界でも屈指の安全性と快適性を誇りますが、これをより低コストで実現できれば、鉄道網の整備を進めている発展途上国への鉄道システムの輸出も可能になります。途上国で鉄道が整備されれば、人や物の移動が活発になるため、経済の発展につながります。しかも、鉄道は、航空機や自動車に比べ環境負荷も小さいため、環境と経済を両立することもできるのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

あなたに伝えたいことは、「自分自身で殻を作らない」ということです。
理工学部に進学をめざす人にとって、学ぶ学問分野は、機械工学、電気電子工学などいろいろな分野がありますが、そのすべてに興味を持てるような柔軟性を持って大学に進学してください。例えば私が研究している鉄道の分野でも、従来の機械工学がカバーしていた車両の運動の問題には、リニアモーターカーの出現で電磁気学も必要とされています。ですから、1つの分野だけでなく、多くの学問に興味を持って大学での勉強に備えてください。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

上智大学

上智大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

上智大学
理工学部 機能創造理工学科 教授
曄道 佳明 先生