動画を閉じる

山口大学 農学部 生物資源環境科学科 竹松 葉子 教授

自然を体感することで、自然を守る

自然を体感することで、自然を守る

山口大学 
農学部 生物資源環境科学科

竹松 葉子 教授

30分のミニ講義を聴講しよう!虫たちが支える熱帯雨林の生物多様性

「地球温暖化」と「生物多様性の減少」は、私たちが抱える最も大きな環境問題です。この2つの問題に深く関わっているのが「熱帯雨林の存続」です。講義ライブでは、熱帯雨林の存続に重要な役割を果たす昆虫「シロアリ」について紹介します。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

現在、さまざまな環境問題がクローズアップされていますが、その中でも熱帯雨林の減少は生物多様性にも、二酸化炭素の削減にも大きな影響を与えます。熱帯雨林の保全が必要だということを知識として理解していても、「百聞は一見にしかず」です。ぜひチャンスを生かして、実際に熱帯雨林に足を踏み入れてみてください。そうすれば、自然の大切さが実感できると思います。このような熱帯雨林に直接関わる研究分野はたくさんあります。その中で、自分のめざす学問を見つけてください。

夢ナビ講義も読んでみよう嫌われ者のシロアリも、熱帯地域では生態系の健全度を計る目安

森林保全にとって必要なシロアリ シロアリは、日本では家屋にすみつき建築に使われた木材を食べる害虫ですが、熱帯地域では森林を保全するためになくてはならない生物です。森林では、生態系を維持するために物質の循環が行われています。枯れた植物が無機物に分解され土に戻されることによって物質の循環がうまくいきます。その役割を担うのが、シロアリなのです。シロアリの栄養源は、枯れた木材に含まれるセルロースです。それを分解して消化吸収することによって、土に戻しています。 熱帯地域には、多様なシロアリがいる ただ、すべてのシロアリが同じようにセルロースを分解しているわけではありません。一部のシロアリは、腸内で共生する原生動物が分泌するセルラーゼという酵素によって分解された物質を栄養源としています。また、キノコシロアリは、木をかじって巣に持ち帰りそれを丸めて、セルロースやそれよりも硬いリグニンを分解できるキノコの菌糸を埋め込み、そこから得られる物質を食べます。さらに、自らはセルロースの分解には関わらず、菌類によって分解された生成物が溶けた土中から栄養を摂取するシロアリもいます。このように、熱帯地域には多様なシロアリが存在しています。 シロアリの多様性で森林の健全度がわかる シロアリが森林環境に関わっているのと同時に、森林環境はシロアリの多様性に深く関わっています。森林にシロアリが餌とする木材やその分解産物が豊富にないとシロアリは生息することができません。それを利用して、シロアリの種の多様性によって、森林の健全度を計ることができます。多様な種がいれば、菌類が繁殖していて、物質の循環がうまくいっているという証明になります。開発などによって木材が伐採されると、森林の水分が少なくなり菌類が繁殖せず、それを糧にするシロアリは存在できません。また、シロアリがいればいいというわけでもなく、単一の種しかいないと日本のように害虫化します。多様な種が維持されることが、生態系にとって最も重要なことなのです。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

現在、さまざまな環境問題がクローズアップされていますが、その中でも熱帯雨林の減少は生物多様性にも、二酸化炭素の削減にも大きな影響を与えます。熱帯雨林の保全が必要だということを知識として理解していても、「百聞は一見にしかず」です。ぜひチャンスを生かして、実際に熱帯雨林に足を踏み入れてみてください。そうすれば、自然の大切さが実感できると思います。このような熱帯雨林に直接関わる研究分野はたくさんあります。その中で、自分のめざす学問を見つけてください。

竹松 葉子 先生の他の夢ナビ講義
1分動画
世界に約3000種いるシロアリ、その分類法 夢ナビ講義を見る
このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

山口大学
農学部 生物資源環境科学科 教授
竹松 葉子 先生