動画を閉じる

京都女子大学 文学部 英文学科 ジョン カンベル ラーセン 准教授

Speaking naturally

Speaking naturally

京都女子大学 
文学部 英文学科

ジョン カンベル ラーセン 准教授

この夢ナビTALKは英語翻訳されています。動画の右下の字幕のアイコンをクリックすると英語字幕が表示されます。

30分のミニ講義を聴講しよう!Speaking naturally

講義ライブでは、英語の話し言葉のいくつかの基本的なポイントを説明します。英語での会話がより自然な話し方になるような、会話の中の談話標識(文と文の関係を示すつなぎのお決まりのフレーズ)とバックチャネル(相づち)の使用方法についてお話しします。

再生スピードを変更できます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

京都女子大学では、もっと自然に英語で会話するためのスキルを学ぶことができます。
文法や語彙の知識だけでは、会話を行うのに十分ではありません。授業では、実際に英語で対話する機会を多く設けて、コミュニケーションのパターンを何度もトレーニングします。スピーキングの中でも、会話は基本的なスキルです。自然で流暢(りゅうちょう)な英語をマスターすることで、より実践的なコミュニケーション力が身につきます。ぜひ、本学で一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見てみよう

京都女子大学

京都女子大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

夢ナビ講義も読んでみようSpeaking naturally in English!

自然な英語の会話をするためには? 日本語で会話をする時、「え~と」「う~んと」などの言葉を無意識に使っていませんか。このようなフレーズを「談話標識(discourse marker)」と言い、自分が「今考えている」「まだ話に続きがある」といった意味を相手に伝える役割を果たしています。
しかし、英語で会話をする時に、日本語の談話標識のフレーズを用いて、例えば、“I went to「え~と」USJ,「う~んと」……”というように話すと、当然のことですが相手に不自然な印象を与えます。英語には「Well」「I mean」「You know?」などの英語の談話標識があり、これらを意識して使うことで、自然で流暢(りゅうちょう)な英語を話すことができるのです。
談話標識にも、それぞれの役割がある 英語の文章は、「大文字」が文の始まりを、「,(コンマ)」が区切りを、「.(ピリオド)」が終わりを示します。会話には、これらの記号の役割を果たす談話標識があります。
「Well」は会話の冒頭に使い大文字の役割で、「I mean」はコンマの役割です。そして「You know?」は、発言の最後につけて、ピリオドの役割となり、次はあなたが話す番ですよというサインを相手に伝えます。このようなフレーズがないと、相手は自分が話すタイミングや、どうリアクションすればいいかわかりにくくなり、不自然でぎこちない会話になります。談話標識や「あいづち(back-channel)」によって、よりスムーズな会話のキャッチボールが成立するのです。
対話形式のトレーニングで身につく 談話標識やあいづちには、目的や状況に応じたさまざまなパターンがあります。会話に自然に取り入れるには、対話形式で何度もトレーニングすることが大切です。普段の会話と同じように、あなた自身が話題を探し、会話のパターンを用いて相手と言葉をやりとりすることで、より実践的なコミュニケーション力が身についていきます。

先生からのメッセージ

先生画像 メッセージ動画

京都女子大学では、もっと自然に英語で会話するためのスキルを学ぶことができます。
文法や語彙の知識だけでは、会話を行うのに十分ではありません。授業では、実際に英語で対話する機会を多く設けて、コミュニケーションのパターンを何度もトレーニングします。スピーキングの中でも、会話は基本的なスキルです。自然で流暢(りゅうちょう)な英語をマスターすることで、より実践的なコミュニケーション力が身につきます。ぜひ、本学で一緒に学びましょう。

この先生が所属する大学の情報を見て見よう

京都女子大学

京都女子大学 大学案内2018

パンフを見る

大学公式ホームページ

このTALKも見てみよう英語字幕は英語字幕あり

一覧へ戻る

京都女子大学
文学部 英文学科 准教授
ジョン カンベル ラーセン 先生